歯科で治療を受けましょう|歯のトラブル解決隊

歯医者

天然歯と変わらない

歯

大事な歯が欠けてしまうと補う必要があります。歯が1本でも欠けてしまうことで、噛みあわせも悪くなり、固いものも噛めなくなってしまうので、日常生活に支障をきたしてしまいます。神戸での一般的な治療となると、入れ歯や差し歯になりますが、最近は神戸でもインプラント治療を行なう人が増えてきました。

神戸でのインプラント治療は入れ歯や差し歯に比べると比較的新しい治療法となり、メリットも数多くあります。まず、入れ歯の場合は噛み合わせに違和感を覚えることもあります。入れ歯がずれてしまうことでガタつきが生まれますし、物をしっかり噛むことができないので安心して食事を取ることができません。また、入れ歯は細く掃除をする必要があるので、手入れも大変です。
差し歯の場合は、健康な歯に金属の留め具をかけて歯を入れることになります。その為、健康な歯にも負担がかかることで、後々健康な歯までもダメージを受けてしまうことがあります。

それに比べ、インプラントは自然な歯を手に入れることができます。神戸でのインプラント治療は欠けた歯の部分に、人工で作られた歯根を埋め込み、その上から人工の歯を被せる治療です。ネジでしっかり歯茎に固定される為、入れ歯のように歯がグラつくこともありませんし、天然の歯と見た目が変わることもありません。また、人工の歯を埋め込むからと言って健康な歯を削る必要もないので、差し歯のように健康な歯にダメージを与えることもないのです。